貼るだけキレイに!耳つぼエステ®&ダイエットスクール

耳つぼダイエットの効果を高める温熱法とは?

貼るだけキレイに!耳つぼエステ®&ダイエットスクール > 耳つぼの特徴 > 耳つぼダイエットの効果を高める温熱法とは?

代謝の考え方 ~身体の冷えは肥満の元~

低体温の影響

私たち人間の身体はもともと自分の力で代謝できる能力を持っています。 ところが現代人の中には様々な要因(エアコンでの生活、運動不足、ストレス社会、昼夜逆転の生活、栄養の偏り等)で自律神経のバランスがくずれ、体温調節機能に問題が生じ、低体温になってしまった人が多く見られます。

低体温ということはもちろん身体の内部温度も低いといえます。身体の内部が冷えるということは大切な臓器も冷えてしまい本来の働きに支障をきたしてしまいます。特に肝臓は、エネルギー代謝を司る酵素の働きを活性化する重要な臓器であり、腎臓は不要な毒素や老廃物を排泄する大切な働きを担っています。 この二つの臓器が冷えが原因で本来の働きができなくなった状態を「基礎代謝の低下」といいます。

内臓の中心部に必要な温度は約37℃です。 体温が36.5℃であれば免疫機能はフル活働します。 ところが体温が1℃下がると免疫機能は1/3に落ちてしまします。 免疫力が低下すると風邪などの感染症にかかりやすくなったり、花粉症などのアレルギー症状がでやすくなります。 さらに体温が35℃になるとガン細胞が活発になってきますし、基礎代謝が低下しますので脂肪が燃焼しにくくなり太りやすくなります。 また、栄養の吸収が悪くなって、疲れやすくなったり不妊症の原因にもなるといわれています。

体温を効率的に高めるには?

身体を温める最も効率的な方法はではどうやって身体を温めると効果的なのでしょうか?

ゲルマニウム温浴のように末端を温めたり、半身浴で下半身から温めるという方法だと、身体の中心部の深部体温まで上げるのには時間がかかってしまいます。また、サウナのように皮膚の表面からの熱も同様に時間がかかります。効率よく身体の深部体温を上げるには、やはり、遠赤外線による加温が一番です。 岩盤浴や遠赤外線カプセルによる加温が効率的です。

二度と太らない体質作りの流れ

taisya

冷えた体は代謝が悪く、やせにくいボディです。すべての人がそうではありませんが、現代日本人の多くは、その生活習慣から、冷え症の方が多くいます。耳つぼダイエットアドバイザー講座では、やせるボディ作りについてもお話しております。